世界の警告表示

内容
日本 1972 ・健康のため吸いすぎに注意しましょう。
1990 ・あなたの健康を損なうおそれがありますので吸いすぎに注意しましょう。
アメリカ 1965 ・注意:紙巻たばこ喫煙はあなたの健康に危険をもたらす可能性があります。
1970 ・警告:公衆衛生総監は紙巻たばこはあなたの健康に危険であると断定しています。
1984 ・公衆衛生総監の警告:喫煙は肺がん、心臓病、肺気腫の原因であり、妊娠合併症の可能性があります。
・公衆衛生総監の警告:今禁煙すれば、あなたの健康への重大なリスクが大幅に低減します。
・公衆衛生総監の警告:妊婦の喫煙は、胎児障害、未熟児出産、低出生体重児の原因となります。
・公衆衛生総監の警告:紙巻たばこの煙は一酸化炭素を含みます。
イギリス
(業界との自主的合意により)
1986 ・喫煙は致命的な病気の原因となる可能性があります。
・喫煙は心臓病の原因となる可能性があります。
・妊娠中の喫煙はあなたの赤ちゃんを傷つけ、未熟児の原因となる可能性があります。
・喫煙をやめれば重大な病気のリスクが下がります。
・喫煙は肺がん、気管支炎、その他胸部疾患の原因となる可能性があります。
・イギリスでは毎年肺がんで3万人以上が死亡しています。
イタリア ・(前面に)たばこ煙はがんの原因です。・(背面に)喫煙は欠陥疾患の原因です、等
カナダ 1994 ・紙巻たばこには依存性があります。
・たばこの煙はあなたの子供に有害です。
・紙巻たばこは致命的な肺疾患の原因です。
・紙巻たばこはがんの原因です。
・紙巻たばこは心臓発作や心臓病の原因です。
・妊娠中の喫煙はあなたの赤ちゃんに有害です。
・喫煙はあなたを殺す可能性があります。
・たばこの煙は非喫煙者の致命的な肺疾患の原因です。
2000 たばこパッケージの約半分にカラー写真を交えた警告表示を行う。
ドイツ 1991 EU指令の実施
フランス 1992 ・喫煙はがんの原因です。
・喫煙は心臓病・循環器病の原因です。
・妊婦さん:喫煙はあなたの子供の健康を損ないます。
・喫煙はあなたの周りの人を傷つけます。
・良好な健康のため、喫煙はやめましょう。
欧州連合 1992
指令
<各国が含まなければならない警告2種> ・喫煙はがんの原因です。 ・喫煙は心臓病の原因です。
<各国の選択による警告15種>
・喫煙は致命的疾患の原因です。
・喫煙で死亡します。
・喫煙で死亡する可能性があります。
・妊娠中の喫煙はあなたの子供に有害です。
・子供の保護:あなたの子供に煙を吸わせてはならない。
・喫煙はあなたの周囲の人の健康を害します。
・禁煙すれば重い疾患のリスクが減少します。
・喫煙はがん、慢性気管支炎、その他の胸部疾患の原因です。
・(国名)においては(何人)以上の人が毎年肺がんで死亡しています。
・毎年(国名)においては交通事故による死亡の(何倍)の人々が喫煙への依存により死亡しています。
・毎年喫煙への依存いよる犠牲者は交通事故による犠牲者より多い。
・喫煙者は早死にします。
・健康でありたければ喫煙すべきではありません。
・節約しましょう:喫煙をやめましょう。
・喫煙は依存症の原因です。
オーストラリア 1995
解説を併記
・政府の健康警告:喫煙は死をまねきます。
・政府の健康警告:喫煙は依存性があります。
・政府の健康警告:喫煙は肺がんの原因です。
・政府の健康警告:あなたの喫煙は他人に有害です。
・政府の健康警告:喫煙は心臓病の原因です。
・政府の健康警告:妊娠中の喫煙はあなたの赤ちゃんに害を与えます。

情報源:旧厚生省「21世紀のためのたばこ対策検討会」資料より